ネット恋活・婚活アプリ徹底評価(=^・・^=)
*

イギリスでゲイの彼氏を作る方法|ロンドンやブライトンなど、クラブ等の出会い

 

私は現在、36歳。23歳の時からイギリスに永住している、明久といいます。

 

■ イギリスでゲイの彼氏を作る方法①クラブ|ロンドンやブライトン等の出会い

 

「付き合う方法一つ目」

イギリスに永住して間もない頃、
13年前になりますが、ロンドン在住の女友達の家で、日本人の男の子に会いました。

彼はゲイで、「日本だと彼氏ができないし、居心地が悪く、肩身が狭いので、ロンドンに彼氏を作りにやってきたんだ。」と言っていました。

そして、実際ゲイのクラブに行ったら、とっかけひっかえ、彼氏が好きなように、簡単にできたと言っていました。
凄く幸せだと。堂々とゲイでいられるし、
隠す必要もないし、誰もそんな気にしませんしね。

 

 

残念ながら、その彼が今どうしてるのかは分かりませんが。

イギリスだと、同性婚は2014年から認められています。
もし、日本に未練が無いなら、
もし状況が許すのなら、渡英したら、全く別の人生が待っているかもしれません。

無責任にたきつけているのではありません。
VISAの問題などもあります。

でも、日本で肩身の狭い思いをし続けるより、もっと自由に暮らせる選択もあるかもしれない。
可能性があるかもしれません。

 

■ イギリスでゲイの彼氏を作る方法②|ロンドンやブライトン等の出会い

 

”付き合う方法二つ目”

勿論、イギリスでも場所によるかもしれません。
田舎の方だとまだ偏見があるかもしれないし、遊び場もありません。

でも、ロンドンのような都会や、
マンチェスター、リバプール、ブライトンなんかもゲイの人達の遊び場はありますし、
知り合うチャンスは多いと思います。

特にマンチェスターにはゲイビレッジと言って、マンチェスターのシティー・センター(街中)にゲイ・レズビアンの人達の為の店が固まってる地帯があって、かなり有名です。
パブ、バー、レストラン、クラブ、ショーパブなどが沢山あり、ヨーロッパからもわんさとゲイの人達が集まります。

ショッピングセンターで男性同士のカップルが乳母車に赤ちゃん乗せて普通に買い物してたり、
私自身はノンケで、ごく普通の住宅街に住んでますけど、ゲイのカップル一杯いますよ。

夫の従兄弟もゲイで、長く付き合ってるパートナーとずっと暮らしていますし、
夫の親戚にはレズビアンもいますが、彼女も長年のカップルとずっと暮らしていますよ。
みんな堂々と暮らしています。

 

● イギリスのゲイの生活|ロンドンやブライトン等の出会い。

 

勿論、色んな葛藤や辛い事も見えないだけであったかもしれません。それは窺い知る事はできません。けれど、堂々と幸せに暮らしているように見えます、感じます。ゲイのイベントもありますし、同性のパートナーと知り合うチャンスはイギリスではいくらでもあると思います。

それに、息子の学校でも、普通にみんなカミングアウトしてますよ。ゲイだったり、レズだったり、バイセクシャルだったり、みんな公言してるけど、別に「あ、そう。」って感じで、イジメられる事もなく、肩身狭い事もなく、普通に友達がいて、暮らしていますよ。

日本はかなりそういう点では遅れていると思います。夫の職場でも、レズの人、ゲイの人、沢山いますけど、みんなカミングアウトしてます。全く隠してないし、彼女・彼氏の写真をデスクの上に普通に飾ってます。私自身はノンケですけど、普通のクラブとかでも同性に声をかけられた事が数度ありましたよ。

 

 

だから、ああ、自由だな~と思いました。こっちに来てからは本当、日本って遅れてるな・・・と思う事しきりです。息子の世代だともう本当、何の偏見もない子が多いですよ。息子もノンケですけど、偏見全く無いって言ってますし、将来自分の息子か娘がゲイだったり、レズだったりしても、ちゃんと向き合うって言ってます。そういう土壌が日本よりも先に作られてきたのでしょう。

勿論、大昔はイギリスもゲイである事は罪だとされてきた時代もありました。けれど、そこから、ずっと状況は進化してきているのだと、前進してきたのだと、感じます。

 

■ ゲイの彼氏を作りたいあなたへ|イギリスのロンドンやブライトン等の出会い

 

「恋人を作りたいあなたへ」

私の書いているものが趣旨に合っているのか、
アドバイスになっているのか、ノンケの私が書いていいのか、こうして書いているものに説得力があるのか、分かりません。

付き合う事で感じた楽しさも、
私は、実際に合ったゲイの日本人の男の子だったり、同じく女友達のゲイの男の子の友達だったりからしか聞いた事がありません。

でも、一緒にライブに行ったりして、
普通に彼らもバンドの人とか大っぴらに男性として好きだ!と言っていましたし、
それぞれ彼氏がいましたけど、異性同士のカップルと何ら感情は変わらないように思いました。

 


LGEPR

 

付き合い始めて楽しい事ばかりじゃない、
悩んで悩んで落ちこんでいる時もありました。

けれど、それはどういう形の恋愛も同じです。

付き合わないより、例え辛い思いや、しんどい思いをしたって、
付き合って経験した方が絶対に楽しいに決まってます。

その経験をするチャンスがイギリス、ロンドン、マンチェスター、リバプールなどの都市では、日本よりも絶対に、もっと沢山チャンスがあるように私はここに住んでいて感じましたので、書かせていただきました。

 

 

■ イギリスでゲイの彼氏を作る方法③国際的なサイト|ロンドンやブライトン等の出会い

 

ここまで、イギリスでゲイの彼氏を作る方法や、
その実際のところをお話しました。

しかしなかなか、
イギリスに行く自信がないなど、難しい人もいますよね。

ですが恋活サイトを使うことでも、ゲイとの出会いはあります。

多くのサイトがありますが、
マッチドットコムという国際的なサイトがあります。

 

 

 

マッチドットコムは日本で最も多くの人に使われている恋活婚活サイトで、
今は190万人近くの人に利用されています。

このサイトはアメリカ発祥で、
イギリスでも有名ですし、ゲイ・レズビアンの方も恋愛ができます。

大手のサイトなので安全管理も非常にしっかりしていて、
24時間体制でパトロールがされています。

 

そして、マッチドットコムには素敵な男性がたくさんいます。

 

 

無料で見れるので、
ぜひ素敵な出会いをしてみてくださいね。

>素敵な恋人ができる!マッチドットコムを見てみる♪

 

>ゲイ・レズビアンの出会いに関する、マッチドットコムの詳細記事はこちら