ネット恋活・婚活アプリ徹底評価(=^・・^=)
*

小説・読書が好きな彼氏彼女を作るには?|ブックカフェなどで知り合う、付き合う。本が趣味の出会い。

 

初めまして、ユキナです。

 

「読書好きの彼女・彼氏がほしい」

「本が好きな異性に出会いたい」

 

このような思いは、
本や読書が好きな人なら一度は考えますよね。

私は読書が大好きで、
物心ついた頃から小説と共に過ごしてきました。

しかし大人になってみると読書好きという人があまり、
周りにはいないのです。

漫画は読むけれど文字を読む事はあまり好きではない、
小説って堅苦しいイメージがあるから苦手、という人ばかりです。

 

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

 

恋人が出来ても「本には興味ない」とか、
「インドア趣味って暗く見える」と言われてしまう事がありました。

出来る事ならお互いの好きな作家について話したいですし、
お勧めの小説を交換したり、感想を言い合いたいのです。

それなのに読書好きな人と出会える事がありませんでした。

そんな私ですが、
とうとう同じ好きな事を共有できる相手を見つける事が出来たのです。

ここでは読書好きの彼女彼氏を作るためのできる、
2つの出会いの方法をお話したいと思います。

同じように悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■ 小説・読書が好きな彼氏彼女と付き合う①|ブックカフェで知り合う、本が趣味の出会い

 

メイド喫茶に始まり、近頃では様々なコンセプトを持つお店が増えてきました。

その中でも読書好きの集う所といったら、
本屋を除けば「ブックカフェ」があります。

ブックカフェとはその名の通り、本屋にカフェが併設されている所です。

もしくは、本も販売しつつちょっと座って甘い物を食べたり、
珈琲を飲む事が出来る場所なのです。

 

● ブックカフェは読書好き、本好きの男性女性が多い|趣味の出会い

そういう所へ行く人は、読書好きが多いのです。
例えば1人でふらっと出かけたついでにそういったブックカフェへ行き、
そこで珈琲でも飲みながら本を1冊読んでいる人もいます。

もしくは、そこに通う内に仲良くなった人と会う為に、
なじみのブックカフェへ行く事もあるのです。

 

Chris Photography(王權)1

Chris-Photography王權

 

こうしたブックカフェですが、全国各地に徐々に増えてきました。
色んな種類のブックカフェがあり、
普通のカフェ並みにカフェメニューが充実していたり、
アンティークな内装が素敵なところも多くあります。

 

● 色々なブックカフェがある。読書好き、本好き男女の趣味の出会い

まるで物語の中に存在しているような時色アパートメントというお店もあります。
こちらは何と、アパートの中にブックカフェや雑貨店が併設されているのです。

いとへんBooksGalleryCoffeeというお店は、
大阪は中崎町にあります良い雰囲気の店舗です。

乱雑なようでいて計算されたかのように様々な書物、
リトルプレスが並べられており、読書好きには堪りません。

こういったブックカフェのスタッフさんも読書好きな方が多いのです。
本が好きだからこういったブックカフェで働くのでしょうね。

こうした場所ならば、よく会う内に自然と本について話が出来ますし、
同じ趣味の人を見つけやすいでしょう。

 

■ 小説・読書が好きな彼氏彼女と付き合う②|その他の本が趣味の出会い。ブックカフェなど。

 

ブックカフェの他にも、何とホテルもあります。

室内にある様々な小説を読みながらうたた寝が出来る、
何とも読書好きには最高の場所なのです。

 

● ブックカフェでなくホテルも♪|本好き、読書好き男女の趣味の出会い

宿泊をするのはちょっと、という場合は、
デイタイムラウンジスペースがあります。

こちらを利用するといいでしょう。

トイレ、シャワールームは共同で、
所謂カプセルホテルのようですが、
それも何だか他の宿泊客と交流する機会があって、楽しいですよ。

しかも宿泊料金もおよそ5千円前後ですから、
気軽にふらっと行くのに丁度いいですね。

低価格な事から外国からの観光客も多いようです。

しかしこちらは何といっても蔵書が素晴らしく、
その為日本人のお客さんにも人気なのです。

 

c8549720db7672a13c380bf0355351d0_s

 

例えば次の日が休みという時に、仕事帰りに予約をして泊まりに行ってみましょう。
そしてロビースペースで本を読んでみたり、
他のお客さんと共に本について語らうのもいいですね。

ゆっくりと話せるスペースがあるので、
その分お互いを知る事も出来るでしょう。

宿泊はしたくない、という時は、
前述の通りロビースペースだけ利用すればいいのです。

 

● ブックカフェなどは、本・読書好き男女の良い出会いの場になる|趣味!

本好きばかりが集まっているこういった場所であれば、
きっと貴方と話しの合う人が見つかるはずです。

心行くまで読書を堪能して、
そして読書について話せる仲間や恋人が出来る切っ掛けにも繋がるでしょう。

せっかくですから、是非一度は立ち寄ってみて下さいね。

 

■ 小説・読書が好きな彼氏彼女と付き合う良さは?|ブックカフェなど本が趣味の出会い

 

読書好きの人を恋人にすると、
まずはやっぱり「話がかみ合う」事がメリットでしょう。

あまり本を読まない人だと、
例えば有名な作家の名前や著書であっても知らないという事があります。

そして自分の好きな本について話していても、
相手は本に興味がなければ詰まらなく感じてしまうのです。

そうすると何だか相手にも悪いし、
と他の話題を探そうとしたり、
ちょっと心苦しくなってしまう事ってありますよね。

 

● 趣味の話ができるのは楽しい|読書好き、本好き男女の趣味の出会い

 

でももしも読書好きの恋人であれば、
例えばお互いに好きな作家を言い合ったり、
どの著書のどれのどこの部分が好きだなんて心行くまで話せるのです。

2人共が好きな事ですから、どれだけ話していても尽きない程、話のネタはあるでしょう。

そして、「知識の幅が広がる」という事も、メリットになります。
小説家は沢山おり、小説家の数だけ本も販売されています。
自分の生まれる前に発売された小説も、外国の小説だってあるのです。

 

bdcb0dec0f8d267691b50239ede324ed_s

 

そういった小説を読んでいく内に、
段々と知識として身についてくる事だってあります。

もしくは読書好きな恋人から、
自分の知らない本で得た知識を教えてもらえたり、
未翻訳の本を読める恋人から、その翻訳を教えてもらう事も出来るのです。

後は、お勧め本の貸し借りをしてみたり、
心地良い天候の日は、公園のベンチで読書デートなんかも出来ます。
本が好きで読書好きならば、お互いに好きな本を読んでいる状況も楽しめるのです。

気を遣わないで思う存分、好きな本を読める環境って最高ですよ。

 

■ 小説・読書が好きな彼氏彼女と付き合える人の特徴|ブックカフェなど本が趣味の出会い

 

私より一足先に読書好きな恋人を作っていた友達は、
とにかく色んな場所へ行っていました。

ブックカフェや本好きが集まる恋活パーティーに、
読書好きコンパ等です。

それからSNSで読書好きの人々と交流を持ちオフ会を開いたりもしていました。

こうして、読書好きを待っているよりも自ら行動をしてみる事も、
恋人を見つける為には大切な行動なのだと思います。

 

■ 本や読書好きの男女の出会い④恋活アプリ|ブックカフェ以外

 

ここまで、本や読書好きの異性に出会うために、
ブックカフェやホテル、アプリなどを紹介しました。

しかしこういった方法があまり合わない人や、
周りにブックカフェがないという人もいますよね。

私は色々な方法で本好きの彼氏を作ろうとしましたが、
中でも恋活アプリを使う方法が一番良いと感じています。

沢山アプリがありますが、
特にOmiaiが利用しやすく、趣味の出会いもやりやすいのでおすすめです。

 

omiai

 

Omiaiは日本では最も多くの利用者がいる恋活アプリで、
現在200万人を超えています。

そのため本や読書好きの人がたくさんいます。

Omiaiはフェイスブックと提携している恋活アプリなのですが、

 

 

登録してもこのように、

・フェイスブックに投稿されない

・イニシャルなので名前は出ない

となっています。

さらに、フェイスブックの友達は表示されないので、
周りにバレずに本好きの恋人を作ることができるんです。

 

また、フェイスブックと提携しているため、
安全管理も非常にしっかりしていて、
24時間体制で安全管理スタッフが稼働しています。

 

私はここで、検索を使って出会っていました。

 

 

趣味を検索できるので、

「読書」「本」「小説」などをいれて探します。

 

f5460ba179c3a0097a0806234cd68dcd_su

 

Omiaiには読書好きの素敵な異性がたくさんいます。

 

無料で見れるので、
あなたの県の読書好きと出会ってみてくださいね。

 

>読書好きと出会える!恋活アプリOmiaiで検索してみる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 【体験談2人目】読書や本好きの彼女彼氏を作る出会いの方法|ツイッターを使った趣味の男性女性の出会い

 

初めまして、ナナと申します。

私は都内の大学に通う女子大生です。
文学部に所属していて、もともと読書が大好きです。

大学に入学したら、
読書が好きな友達がたくさんできるだろうと期待していましたし、
いつか読書好きの恋人ができればいいなと思っていました。

そして確かに読書好きの友達はできたのですが、
恋愛に発展することがありませんでした。

理由の一つには、
そもそも文学部にいる男子学生が少なかったこともあります。
恋愛対象になる男性が少なかったのです。

こうした経緯から、
私は大学以外の場所で読書好きの恋人を作りたいと考えるようになりました。

そこで今回は、
私が読書好きの恋人を作るためにどのような行動をとったのかをご紹介していきます。

同じような境遇にいる人のお役に立てたら嬉しいです。

 

■ 読書や本好きの彼女彼氏を作る出会いの方法⑤ツイッターを使う|趣味の男性女性の出会い

 

〔本が好きな恋人を作るためにした1つ目のこと〕

私が行ったことの一つ目は、
ツイッターを利用することです。

これまでツイッターでは実際に付き合いのある友達とつながる、
いわゆる「リア垢」しか持っていませんでした。

しかしSNSを頻繁に利用している友達は、
「趣味垢」と使い分けているのだと知りました。

「趣味垢」とはその名の通り、
自分の趣味と共通の趣味を持っているユーザーをフォローするためのアカウントのことです。

友人は宝塚の大ファンで、フォロワーとオフ会などをしていました。
私は友人のアドバイスを受け、「読書アカ」を作りました。

友人によると、
適切なフォロワーを増やすには、
アイコンとプロフィールが重要だと教えてくれました。

なぜなら、
ユーザーがフォローするかしないかを判断する最大の要素がそれだからです。

 

 

そのため、私は読書をしている女性の画像をアイコンに使い、
プロフィールには、
「読書好きな方はフォローしてください」というコメントを添えました。

しかしそれだけではフォロワーが増えなかったので、
「#読書好きと繋がりたい」などのハッシュタグをツイートに付けました。

また自分の興味のある小説に関して呟いている方を見かけたら、
様子を見ながらリプライを送るようにしていました。

一ヶ月後にはフォロワーが150人を超え、
ツイッターを利用すること自体が楽しくなりました。

 

■ 読書や本好きの彼女彼氏を作る出会いの方法⑥ツイッターからのオフ会|趣味の男性女性の出会い

 

〔同じ趣味の恋人を作るためにした2つ目のこと〕

とはいえ、
フォロワーが増えただけでは恋人どころか友人もできませんでした。
そのため次に行ったことは、オフ会です。

ツイッターのフォロワーと出会うことに、初めのころは抵抗がありました。
ハンドルネームしか知らない仲です。

顔も本名も住まいも知らないので、少し恐怖心がありました。
そこで、交流がある程度あり信頼できるフォロワーを複数人集めて、
イベントに参加することから始めました。

初めて行ったオフ会は男性3人、女性3人でした。

イベントは文芸フェスというイベントで、スタッフとして働きました。
ツイッターのメッセージ機能を利用して、
スタッフの募集を行っていることを知らせ、
参加できる人を集めたところ私を含め6人になりました。

 

 

この時は学生限定の募集だったので、皆学生でした。

フェス終了後、
6人で集まって打ち上げを行いました。

スタッフとして共に頑張ったので、この頃には仲間意識が生まれていました。
その後、個別で男性、女性それぞれ会うことがありました。

そのうちの男性とは数回あったのですが、
あっていくうちにお互い何か惹かれ会うものを感じました。

何回はデートを重ねていくうちにお互いに思い合っていることがわかり、
付き合うようになりました。

ツイッターを始めて一年半後、
オフ会を初めて半年後といったあたりです。

 

■ 読書や本好きの彼女彼氏を作る出会いの良さとは?|趣味の男性女性の出会い

 

〔同じ趣味の恋人を作るメリット〕

このような流れで読書好きの恋人ができたのですが、
同じ趣味を持つ恋人がいるととても充実した日々を過ごせました。

メリットは3つありました。

1つ目は、恋人になる前から、会話に困ることがありませんでした。

初めは自己紹介や、
お互いの住んでいる環境などについて話しましたが、
次第に「好きな作家は誰か」「好きな小説は何か」という話題に変わっていきました。

共通の作家や作品が登場すると会話は白熱し、
時間はあっという間に過ぎていました。

恋人同士になってからも読書に関する話題は絶えず、
デートをする日には必ず本屋に立ち寄るようになりました。

 

2つ目のメリットは、プレゼントに困らないことです。

私たちは誕生日やイベントはもちろんですが、
なんでもない日にプレゼントを贈ることがあります。

例えば「昨日は美味しいご飯を作ってくれてありがとう」だったり、
「この間は素敵な場所へ連れて行ってくれてありがとう」だったりと、
気持ちを示すためにささやかなプレゼントを贈ります。

 

 

文庫本はそのささやかなプレゼントにぴったりなので、よく贈り合っています。
会話の中からどんな本を読みたがっているのかがわかるので、とてもいいです。

そして最後のメリットは、
お互いの自己研磨を刺激し合えることです。

お互い読書に時間をかけているので、
それなりにプライドを持って本を読んでいるところがあります。

相手が難しい本を読み出したら、
こちらも負けじと古典や哲学書などを読もうと意識が高まります。

必要なことではないのかもしれませんが、
少なくとも自分自身が自分の人生をより豊かなものにしてくれると思っています。

 

■ 読書や本好きの彼女彼氏を作りたいあなたへ|趣味の男性女性の出会い

 

読書が趣味の恋人を作りたいあなたへ。

知らない人と会うことは、初めは緊張するかもしれません。
しかし、
イベントなどの公共のスペースを利用すれば、
安全に会うことができます。

 

 

そしてもう一度会いたいと思う人に出会えたら、
時間をかけて仲を深めてください。

あなたも読書好きの異性に出会って、素敵な時間を過ごしてくださいね。

 

■ 小説・読書が好きな彼氏彼女と付き合う③|アプリで、本が趣味の出会い。ブックカフェ以外の出会い。

 

読書好きだけれど他に語らえる相手がいない、
読書好きと出会いたいと思っている人は、貴方以外にも結構いるものです。

そこで効果的な方法として挙げられるのが「恋活アプリ・サイト」なのです。

例えば最近ですと、
好きな事や趣味各で検索することができます。

ここで「読書が好き」といったカテゴリに入っている人の中から、
恋人候補を探せばいいのです。

 

omiai

 

Omiaiも同じように、
同じ「好きな事」がある人を、探す事が出来ます。

Facebook連携ですからセキュリティについては安全ですし、
何より今ぐんぐん人気が出ているので、利用者数も多いです。

こういった恋活アプリは、
最初から「出会いたい!」と思っている人が利用しています。

なのでいいなと思う人がいたら、
最初はしつこくない程度のメッセージ交換から始めてみましょう。

 

● ライン交換などをする|読書好き、本好き男女の趣味の出会い

 

そしてある程度気持ちが解れてきた所で、
「良かったら本メアド交換しませんか」とか「LINEID交換しましょう」と誘ってみるのです。

 

阿哲08122 (2)

阿哲08122

 

個人的に連絡を取り合い、
そして好きな読書について話をしていく内に、
実際に会ってデートをする事も出来ます。

 

● ブックカフェはデートでも使える|読書好き、本好き男女の趣味の出会い

 

デートの際は例えば先に挙げたブックカフェへ行ってみると、
相手も好きな物がある場所なので話しが弾みますよ。

そして本を貸し借りして、この前借りた本を返したいから、
面白かったから良かったらお礼に食事でも、と誘い文句にもなりますね。

是非、こうした恋活アプリを利用してみて下さいね。

 

>読書好きの恋人ができる!Omiai詳細はこちら♪