ネット恋活・婚活アプリ徹底評価(=^・・^=)
*

女医の3割は結婚できない?20代女医は早めに婚活したほうが良い

女医の3割は結婚できていないという
データがテレビで放送され、話題になったことがあります。

確かに、忙しすぎる科の医師や福利厚生の悪い病院に勤めている場合など、
日々の生活で出会いがないという女医さんは多いので、
気づいたら32あたりになりようやく焦り始める人が多いようです。

しかしそうは言ってもやはり、
「結婚して子供を作り家庭を築きたい」と思う人は多いはずです。この記事では20代女性医師へ向けて、
少しでも早く婚活を始めるための方法をお伝えしようと思います。 

女医は結婚しにくい?

 

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

以前ある番組で女医の結婚事情は3:3:3:1だという話を聞きました。
「女医の3割は医師と結婚、3割は結婚後離婚、3割は生涯独身、1割は他業種と結婚している」
というものです。

このデータからすると7割は結婚できているので、
全くできないということはないと思います。
しかし3割は結婚できていないということは、無視できないと思います。

恋バカは知り合いに女医が何人かいますが、
大学時代からの彼氏と結婚した人以外はみんな出会いがないと嘆いています。

なので、現在出会いがないと思っている方は、具体的に何か行動を始めたほうがいいと思います。

 

女性医師の結婚相手

 

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s
女性なら特に、
「子どもが欲しい」「幸せな家庭を築きたい」という方が多いのではないかと思います。
そこで忙しい医師であれば気になる、
「仕事に理解のある男性に出会えるかどうか」という問題があります。

やはり休みの日でも病院から呼び出されたり、
当直など不規則な勤務体系ですと、
旦那さんに家事・育児を相当負担してもらわないといけなくなると思います。
ですので、理解のある人に出会うことが大切ですよね。
男性は女性に家庭を守ってほしいと考える人が多いのは事実です。

しかし、
家事・育児を負担できるような働き方をしている人や
主夫になっても良いという男性も確実にいます。

ですので、そういった方に絞って探すのも良いと思います。
では、どうやって探せばいいのでしょうか?

 

女性医師におすすめの婚活方法

 

139174

婚活を始める、仕事に理解のある男性を探すといった場合、
まずは自分の時間と相談して、できることからコツコツを始めればいいと思います。

・合コンなどの飲み会にはなるべく参加する
・友達にいい人がいたら紹介してほしいと軽く伝えておく
・ネットで探してみる

このような方法からでも始めることをおすすめします。
よく聞く結婚相談所は本当に自分ではどうしようもない人が
多く登録しているので、あまりおすすめはできません。。

恋バカ的に、
ネットで探す方法だと仕事に理解のある男性を見つけやすいと思います。

ネットで探すのにももちろんいろいろな方法があるのですが、
その中でもFacebookの恋活婚活アプリpairs(ペアーズ)を使うのは
一つのオススメです。

なぜおすすめなのかというと、
・ペアーズは2012年10月開始から2015年4月までに220万人の会員が集まっていて、
計算上毎日2400人以上が登録しているほどの人気アプリです。
なので、とにかく様々な人が登録しています。

スマホさえあれば相手を探せて、メールもできるので、
忙しくて合コンに行けない人でも婚活恋活がしやすい

・結婚への思いの強さをプロフィールで伝えられるので、無駄な出会いを減らせる
⇒pairsではプロフィールやコミュニティ機能で、
自分の結婚への思いを相手に伝えることができます。
普通の合コンなどでは遊び目的でしかない人と出会うことも多くなりますが、
結婚願望を持っている人にフォーカスして会いやすくなります。

これらのような理由があります。
pairsは女性は完全に無料なので、利用してみることをおすすめします。

Facebookアプリですが、知り合いにバレナイ工夫もされているので、
それについて知りたい方はこちらで恋バカが説明しているページもあるので、
気になった方は見てみてください。
登録したい方はこちらです~↓

>手遅れになる前にペアーズで今すぐ婚活を始める!(公式サイトへ)